表題
和風フリーホラー
幽霊屋敷桜 - 六片の人身御供-
登場人物
江戸時代編 / 現代編 / 過去編
妖怪図鑑 / / /
絵画 / / / / / /
漆(Ver2)/ 捌(Ver2.525)
挿絵 /
設定集
絵馬集めの鍵(ヒント)
難関突破の鍵(ヒント)
自作素材チップ / 顔アイコン
実況動画
Special Thanks 使用素材

制作中
月下美人 -パンダと四人の少女】 バカゲー
登場人物
挿絵

制作中
花鶏 -最も暑かった夏-】フリーノベル
登場人物
絵画
挿絵
Special Thanks 使用素材

利用規約
実況・二次創作は特に縛り無し
気が付いたら紹介させて頂きます
お問い合わせ
フリーゲーム投稿サイト
ふりーむ!
フリーゲーム夢現
RPGアツマール(ニコニコ動画)
OPEN GAME CREATORS(バンナム)
イラストSNS
pixiv
Tinami
お問い合わせ
総合掲示板(不具合・要望・質問など)
メールフォーム
Twitter


無料写真素材(当サイト運営)

記事
トレース・模写・二次創作の違い
pixiv・キメこな・現代アート騒動 / 2

3大イラストSNSのひとつPiXA閉鎖
フェルト芯を綿棒で自作
過去に練習で作ったドット画一覧

MVTがクソゲー大賞2018最有力に
制作日誌
作業環境
幽霊屋敷桜VX版 制作日誌
/ 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 /
月下美人 制作日誌

クリスタ用ネタ系3Dポーズ集
■ フェルト芯は高価で寿命が短い
タブレット
パソコンで絵を描くにはタブレットが必需。当方も長年愛用していますが2004年に「WACOM Intuos i-600」から「WACOM intuos3 PTZ630」に買い換えました(両方とも秋葉原ソフマップで購入)。「i-600」は長年使っているとのシートがめくれ、中にゴミが貯まり使い難かったのですが、「PTZ630」は改良されています。最高級の物を購入(当時3万円ぐらい)したので、ペンが2本とマウスが付属。そして紙(アナログ)を変わらない描き心地になる「オーバーレイシート」と「フェルト芯」が付いてきました。使ってみると描き心地が格段に上がり「i-600」とは別物です。
WACOM intuos3 PTZ630(2011年10月21日)
WACOM intuos3 PTZ630(2011年10月21日)

フェルト芯
i-600」時代は結構な量を描きましたが、最初に付いてきたノーマル芯を2本しか使わず買い足すことはありませんでした。「PTZ630」を購入してから忙しくなり絵を描く暇が無くなりましたが、4年使い付属の「フェルト芯」5本が無くなり近くのPC DEPOTに買いに行ったところ、高くても1本50円程度だろうと思っていましたが、” 10本2,100円 ”で思わず「高っ!!」とレジで声を出し恥をかきました。(店が高いと言う事では無く商品の定価が高いという意味)

FUZ-A121 フェルト芯フェルト芯は寿命が短い
最近同人ゲームを制作するようになり、頻繁に使用するようになりました。秋葉ヨドバシで5本1,050円で買い足すも背景を描くとなんと” 1週間で1本消費 ”。ノーマル芯は4年持ったのに…。
FUZ-A121 フェルト芯
■ 無印綿棒でフェルト芯が自作できる
twitterで「ノーマル芯は1本で4年持ったが、フェルト芯は5本1,050円(1本210円)するのに1週間しか持たずコストパフォーマンスが悪すぎ」と呟いたところ、知り合いから返信が。何でも” 綿棒でフェルト芯が代用できる ”と教えて頂きました。mixiやtwitterで有名との事。

無印 細軸綿棒200本 252円用意するのは「無印 細軸綿棒200本 252円」なのでお間違えなく。
これで成功すれば” 1本210円のフェルト芯の代金で200本入り=400本作れます ”。400倍ですよ400倍。失敗しても綿棒として使えば良いですし損はありません。
無印 細軸綿棒200本 252円

同じ大きさに切る
フェルト芯」と同じ大きさに切ります。” 先の部分が少し残るぐらい ”が良いとの事
同じ大きさに切る

抜けてしまう
この自作ペン軸で簡単なイラストを描いてみましたが(下部に記載)、1時間で20回ほど軸が抜けストレスが溜まりました。「セロハンテープ」を巻いてみましたが入らなくなり、薄く巻くと入れるときに剥がれしまいます。微妙に綿棒が細いんですよね。

おかしいなと思い調べて見ると、綿棒の綿部分を先端にすると勘違いしてましたが、” 先端を内側 ”にするとの事。抜けなくなりましたが、書き心地は固くなりました。
抜けてしまう
■ 試し描き(2011年11月)
綿棒の自作ペン軸で1作品仕上げ描き心地を評価してみます

下書
2カ月ぶりにイラストを書きますので指が鈍っています。ペン軸を逆にしてしまい1時間で20回ほど軸が落ち苦戦しながら描いています。途中で気が付き落ちなくなりました。書き心地は「フェルト芯」特有の鉛筆の感触とは違いますね、” フェルト芯の再現度は7割程度 ”です。
下書

色分け
線の修正と色分けしました。解像度を1200dpiにしていますが違和感はありません
線は滑らかに書けます
色分け

着色
いつもセル塗りですが、それだと感触が分かりませんので水彩塗りにしました。この頃になるとペン軸の癖に慣れてしまい違和感が完全に感じなくなりました。「フェルト芯」より摩擦が少ない別物ですが、ノーマル芯よりは書きやすく” フェルト芯とノーマル芯の間にある別の芯 ”という印象。
着色
■ 評価
代用
無印綿棒芯で「フェルト芯」を代用でき書き心地も同じという情報でしたが、確かに代用できます。やや細く抜けやすい欠点がありますが、上手く加工知すれば抜け難くはなります。

書き心地
フェルト芯」と比べて、鉛筆の再現度、あのカリカリ感は” 7割再現 ”といった所。ノーマルのホワイトとフェルト芯の間の書き心地で、” 新しいタイプの芯 ”という印象。慣れれば違和感が無くなります。

コストパフォーマンス
純正の「フェルト芯」で同人ゲームの背景を描いたところ1~2週間で1本消費ペースでした。磨り減りが早いです。1本210円と愛用の0.1ミリペンと同じ価格です。コストパフォーマンスが悪すぎます。無印綿棒芯を使えば252円で400本の芯が買える事になりますので、” 99.7%引き ”となります。
  鉛筆表現 書き心地 寿命の長さ 価格 コスパ
ノーマル芯
(ホワイト)
★☆☆☆☆ ★★☆☆☆ ★★★★★ 1,050円/5本 ★★★★☆
フェルト芯 ★★★★★ ★★★★★ ★☆☆☆☆ 1,050円/5本 ★☆☆☆☆
無印綿棒芯 ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★☆☆☆ 252円/400本分 ★★★★★

□ 編集後記
使ってみると違和感が無くなりますので、普通に使う分には問題ありません。コンテストや商用作品なら純正の「フェルト芯」を使うべきです。練習用やお遊び用に使うのにはもってこいです。私は画力が無いので「フェルト芯」は勿体なく暫く綿棒で練習致します。
(2011年11月22日記載)